★タロットってなぁに?


タロット占い師ですので、タロットについて説明しないわけにはいかないですね。
好きなものほど、こだわりが強いものほど、うまく簡単に語ることは難しいものですが、できる限りクールに書いてみたいと思います。

タロットは、78枚のタロットカードを使った占いです。
78枚のうち22枚は大アルカナと呼ばれ、概念的なもの大きな流れを表し、残りの56枚は小アルカナと呼ばれ、より細かい要素状況の色合いを教えてくれます。

1枚1枚がそれぞれ意味を持っているので1枚引きの占いもできますが、より深く確実に状況や対策を読み取るためには、並んだカード全てを統合して全体像を把握することが必要です。そこは占い師の力量に掛かっています٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

カードの種類

タロットカードには、イギリスで広まったライダー版と、フランスで広まったマルセイユ版の2大メジャーカードがあります。

この2つの大きな違いは、8番と11番のカードが逆であることと、小アルカナカードの絵柄です。
他にも多少の解釈の違いはありますが、どちらかを習得すればもう一方もすぐに使えるようになります。

ライダー版は、魔法学校とも呼ばれた秘密結社「黄金の夜明け団」の思想に基づいて作られたカードで、背景に描かれた花や建物、位置関係に至るまで詳細な解釈が伝えられています。
小アルカナカードにも全て、物語のある絵が描かれています。
ライダー版

マルセイユ版は、イタリア貴族のプレイングカードがフランスに伝わり、魔術要素を持って広まったものです。
小アルカナカードの絵柄は、要素と数を表すのみなのでトランプに近い感じです。
マルセイユ版

いろんなカード

この2大カードを元に、様々なデザインのカードが作られています。美しいカード、面白いカード、色っぽいカード、怖いカード…。世界中にたくさんありますのでコレクターもいるようです。

他にも、ライダー版から派生したトートタロットや、禅の思想を取り入れたインド由来のOSHO禅タロットなど、デザインだけでなく思想的に派生したタロットカードもあります。派生版の場合は、それぞれの思想に基づいて勉強し直す必要があります。

小夏のタロットカード

わたくし小夏は、浮世絵風にデザインされたタロットカードを使っています。

アメリカで作られていますが、日本の歴史をカードの意味合いと融合させていて、なかなか力作の面白いカードです。花札のような雰囲気もあって気に入っています。
浮世絵タロットカード

他にも、補助的に2種類のカードを使っています。

1つは、先に説明したライダー版。私をタロットの世界に引き込んでくれたカードです。

もう1つは、白猫タロットカード。ライダー版にかなり忠実で、猫が可愛いので買いました。
その後、カードの絵柄によく似た2匹の白猫が本当に我が家にやってきたので、何だか不思議に思っています。
白猫タロットカード

実物のカードを見たい方は、占いにいらしてくださいね(^-^)/