✴︎数術にふれる✴︎

 
毎日ブログでアップしている朝イチ開運指南は、みなさんのエネルギー番号ごとにタロットで占っています。
ここではこの「エネルギー番号」について説明します。

エネルギー番号てなぁに?

生まれた日によって導き出された数字から、
どういう自分を目指して生まれてきたのか?
どういう役割を果たしていくと良いのか?
といったことがわかります。
 
この数字を私は「エネルギー番号」と呼んでいます。
私の占いでのオリジナルな呼び方です。
 
持って生まれた性質や宿命を表すこの番号は

人生を素敵なものにするためのエネルギー


自分のエネルギーを活かしている人ほど、人生は上手く開けていきます。
無理なく輝くことができるのです。

エネルギー番号の違い

エネルギー番号が「1」の人と「9」の人とでは、タロットで同じ占い結果が出たとしても、解釈や伝え方が変わります。

なぜなら、エネルギー番号が違えば、性質や人生の目的も違うからです。
タロットカードが示す要素は、どんな人がどういう状況で出したかでも色彩が変わるのです。
 
長所が活かされる日もあれば、短所が出やすい日もあるでしょう。
朝イチ開運指南では、少しでもみなさんの1日が好いものになるよう、タロットで対策を出しています。毎日チェックしてみてくださいね。

エネルギー番号の出し方

生年月日(西暦)の数字をバラバラにしてすべて足してください。
2桁になったらそれもバラバラにして更に足し、1桁にしてください。
 
★1975年9月14日の場合★
    1+9+7+5+9+1+4=36  
    3+6=9
    この場合「9」がエネルギー番号です。


隠れエネルギー番号を知るには?

朝イチ開運指南は不特定多数の皆さんへの占いなのでザックリと1️⃣〜9️⃣のエネルギー番号に分けていますが、個人的に占う場合はもっと詳しい計算をします。
正式には3種類の計算方法があり、隠れエネルギーがあるかないかを調べます。そうすると、9タイプはさらに細かく34タイプに分けられます。

詳しくは書籍で説明しています。




各エネルギー番号の特徴

同じ場面、同じ出来事に直面しても、反応は人それぞれですね。その反応の違いはエネルギー番号からも説明できます。

<例1>

「鳴かぬなら 〇〇〇〇 ホトトギス」のフレーズに当てはめてみると…

  鳴かぬなら…

<例2>

どうしても苦手なものは?と聞かれたら…

 

なぜこういう反応になるのかについては、書籍の中で分かりやすく解説しています。

各エネルギーの特徴や課題、自分の活かし方が楽しく分かります。

周りの人のエネルギー番号も調べてコミュニケーションにも役立ててくださいね。