✴︎タロット随筆✴︎

大アルカナ ◆0~10◆

 

     目次

0.

1.

2. 白

3. 女帝登場

4.

5.

6. ご縁の正体   

7.

8. 生きる力

9. 静観
10. 全てのことには時がある


(徐々に追加更新いたします)

 

引越すことになりました。
スカイツリーのそばでの生活も今日で終わりです。毎晩変わるスカイツリーのライトの色、今宵は真っ白です。

今回の引越しのテーマは何となく
「白紙に戻して新しく始める」
といった感じがします。

白という光は、すごいのよ。
白は、何も色のない状態ではなくて、すべての色を含んでいる状態なのよ。
よって「白紙に戻す」の真意は、無かったことにするのではなく、逆に、有ったすべてを受け入れること、と見つけたり。
 
さあ、私も白い心で出直すことにしましょう。

 

【大アルカナ・2  女教皇】


女帝登場

ねこちゃんのタロットカードなるものを手に入れました。

これは「女帝」のカードです。

 

こちらは、我が家の「女帝」です。

似ています。

籐椅子がお気に入り。

そして性質も。


我が家の女帝は、好奇心旺盛で楽しいことが大好き。
女子力が高くて動作が可憐なので、その行動はいつもみんなの注目の的です。
でも自尊心が高いので、簡単に触らせてはくれません。
甘えたい時もあるようですが、猫なで声は出さないし、擦り寄ったりもしません。ただじっと見つめてみたり、そばへ来て少し離れた所に座って存在をアピールしたりします。
とはいえ、きょうだい猫が具合悪いと寄り添ってあげるような母性的な優しさも持ち合わせています。

 

【大アルカナ・3  女帝】


ご縁の正体

 

数年前に再上京したとき、なんだか逢わねばならない人がいる気がしていました。
特別な、逢わねばならない誰かがいる気がしました。

それから色んなことがあり、たくさんの人に逢いました。
そしていま思うこと。

みんな、逢わねばならない人だった。

 

私が好きな人、嫌いな人。

私を好きな人、嫌いな人。

私の人生の支えになっている人。
私をズタズタに傷つけ地獄へ突き落とした人。

そして、好きでも嫌いでもない人も。

誰もみんな、逢わねばならなかった人。
誰もみんな、私に必要だった人。

 

 

それが縁の正体です。

 

…でも

すべての縁に本当に感謝できる日がくるのは、いつでしょうね…。

 

【大アルカナ・6 恋人】

大アルカナ・15 悪魔)


生きる力

 

今年になって、神社でおみくじを引きましたか?
 
おみくじも本気で引くなら立派な占いです。
おみくじは偶然出るように思われますが、そこに書いてある言葉は、自分がいま読むべき言葉です。
なので、「私に必要な言葉をください」と真剣に願って引いたおみくじなら尚更、まるで自分の今を見透かしたような的確な内容が書いてあるはずです。

 

占いの真髄は、イヤなことが出ても受け入れること。イヤなこと、大変なことの中にむしろ開運のヒントが隠されています。
イヤなら、じゃあどうするか。
これを考えるのが生きる力です。
 
そうは言っても、「受け入れる」ことが人生でいちばん難しいみたい。

 

【大アルカナ・8  力】


静観

 

小陸(ネコ)が我が家へ来たとき、彼は大変そうでした。

 

野良出身ですので病院で虫下しのお薬をもらいましたら、大量に虫を下しました。その後、食欲が出ず、たぶん新しい環境へのストレスもあって、しばらく細いフェイスラインのまま毎日丸まっていました。

頭の模様はピースマークなのに、心はそんなテンションじゃございません。身に降りかかる出来事もよく分からなければ、自分の気持ちもよく判りません。

 

けれど彼は、状況に抗うことをせず、ただ静かに成り行きを見つめているようでした。
困惑しながらも、深く、澄んだ目をしていました。

 

 

静観するしか手立てがない、そんな時もあります。

 

自分は今どこに居るのか。
今何が起きているのか。
これから何をしたらいいのか。
そもそも自分は何なのか…。
 
生きていれば、難しい問題にぶつかり、悩んでも答えが出ないことがあります。
そんな時は、一度静かに、周りの状況と自分の心の動きとを見つめてみるといいようです。
 
うまく心を鎮められれば、見えなかった何かが見えてきます。

 

【大アルカナ・9  隠者】


全てのことには時がある

 

そろそろ英気を養いにいらっしゃいと、京の都よりお呼びがかかりました。

 

京都には青春時代からしばしばお世話になっています。行けば必ず生きる力を授けて下さる私のパワーシティーです。

ずいぶん弱ってきた今日このごろですので、確かにそろそろ行きどきです。
 
今回は鞍馬山へ登ることにしました。
鞍馬山行きはこれまで何度も計画しましたが、どういうわけか、なかなか実現しませんでした。
それがついに実現です。

 

あらゆることには時があります。
何度叶わなくても、いつかは叶うかもしれない。
縁は大きな流れの中の一部のようです。

 

【大アルカナ・10  運命の輪】


🌸おまけ進呈中🌸

こんな感じで書いた短文の随筆集を出版していただいたことがあります。読んでみたいなぁと思ってくださった方には差し上げます。

対面占いを予約していただいた上で、下記までメールをしてください。
「随筆集希望」と書き、予約した対面占い日をお知らせくだされば、占いの時にお渡しいたします。
◆メール→ suzu.uranai@gmail.com
 
(3日以内に返信がない場合は、受信設定をご確認の上、再度ご連絡ください)