· 

ブラッシングならOK

猫の小空さんは、触られるのが苦手です。

少しずつでも慣れてもらおうと頑張っていますが、まだ3ナデくらいが限界。

 

ところが最近、小空さんが大量の毛玉を吐く事件があり、こりゃいかんと思いブラッシングをすることにしました。

触られるのが苦手だから、ブラッシングさせてくれるかなぁ…と不安でしたが、なんと、

黙って撫でられてる!

 

え?え?触られるのがイヤなんじゃなくて、私の手がイヤだったの?

ちょっと傷つきます。

 

お尻も平気。

耳をピクピクして、気持ちよさそうです。

 

やめると、まさかの「やめニャいで!」

 

猫の舌みたいにザラザラしたゴムブラシ。

これなら、おさわりOKでした。

 

そうと分かれば、これからはブラシと素手と交互で撫でて、じわじわと私の手にも慣れてもらおう。

新たな目標ができました。