· 

浅草に来たワケ?

私が今世もっとも好きな場所の1つが、ここ、浅草演芸ホールです。

 

毎日、落語を中心に、漫才や紙切り、手品や漫談など、朝から夜までやってます。出演者は10日ごとに変わり、芸人さんたちが何をするかはその日のお楽しみ。

特に落語なんかは、お客さんの層や反応を見ながらその日の噺を決めたりするので、落語好きの人は「おっ、今日はあの噺だね」なんてぇ楽しみ方もしています。

 

以前は、お目当ての噺家さんが出る時期は毎日かよったこともありました。

演芸を楽しみながら簡単な飲食ができるので、おやつやおにぎりを持って1日中居ることもありました。

しまいには、ここで三味線弾く人になろうと思っていました。

 

ところが耳が悪くなっちまいましてねぇ、今じゃ落語も聴けないし三味線も弾けない。人生何が起きるか分かりませんよ。

 

だけど、まさか相棒の小海さん(犬)と一緒にここをお散歩できる日がくるなんてね。今世はこれで十分です。

 

あ、私の対面鑑定は、ここから5分ちょっと歩いたところですよ。

当日のご予約も3時間前まで受け付けています。