エネルギー番号別に

どんな反応をする?

同じ場面、同じ出来事に直面しても、反応は人それぞれですね。その反応の違いをエネルギー番号の傾向で分析してみます。

周りの人のエネルギー番号を調べてコミュニケーションに役立ててくださいね。

★性質の特徴★

「鳴かぬなら 〇〇〇〇 ホトトギス」

 

このフレーズに当てはめたエネルギー番号ごとの性質の特徴です。

各エネルギーについての特徴や課題、どうしてこういう反応になるのかについて、書籍にまとめました。

近日発売予定! おたのしみに。


★どうしても苦手なものは?と聞かれたら…

 
エネルギー番号1️⃣

素直に大っキライなものを言う。興奮気味に苦手をアピール。そうかなぁと周りの反応が薄いと説得する勢い。

 

エネルギー番号2️⃣

そうねえ…と言いながらまず空気を読む。相手を不快にさせないように答えを選ぶ。共通の苦手が見つかると一気に盛り上がる。

 

エネルギー番号3️⃣

苦手なもの?えーっと、え?なんで聞くの?と、素直に答えそうで意外と答えない。かと思えば、聞かれていないのに言う時もある。

 

エネルギー番号4️⃣

なるべくその場で求められている答えをする。気心知れた相手にしか真の苦手は教えない。奇想天外なことを言って、はぐらかす場合もある。

 

エネルギー番号5️⃣

苦手なことの中でもネタとして面白いものを選ぶ。苦手になったエピソードを語るのが上手。苦手な場からは迷わず逃げる。

 

エネルギー番号6️⃣

苦手なものがわりと多いので回答に迷う。苦手は顔や態度に出やすく、隠しているつもりでもバレる。苦手なものに神経をやられることも。

 

エネルギー番号7️⃣

苦手なことを身内にすら秘密にすることがある。自分の中で、独りで苦手と闘っている。そして極力避けている。心を許すと教える。

 

エネルギー番号8️⃣

人が言ってから答えたがる。苦手を自分の弱点とするのを潔しとしない。苦手と言っていることも、人からは苦手に見えないことがある。

 

エネルギー番号9️⃣

苦手を知られるとマズいのではとか、特別な人にしか言うべきじゃないとか、色々考えて結局、どうしてもと言う程の苦手は無いと言う。



(そのうち追加予定です)